スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク
スカンディヤのスモーガスボード
野田"s.i.s"浩平です。
久しぶりの投稿です...。

先日、忘年会と意見交換&近況報告を兼ねて、横浜港、大桟橋ふ頭入り口近くの北欧料理レストラン・スカンディヤにお邪魔して参りました。メンバーは柊さん、N画伯、画伯がご懇意にされていて横浜にお住まいのS様ご夫妻。いつもにも増して上流の方々とのお食事会に遅刻してしまう訳にはいかないので、一時間早めに自宅を出ました。→ 何事もなく約束の一時間前に到着。暫く道端でメール処理や、スケジューリング等をすませているといつの間にかマジックアワーに。ハマスタの照明塔がなんとも良い感じでした。



これは何処かお店で時間をつぶすよりも散歩した方が断然贅沢だな、とiPhoneをカシャカシャ言わせながら付近をプラプラしていました。幼少の頃から縁の深かった大好きな横浜(特に元町ですが)。弥が上にも気分が高まります。やっぱりいいな、ヨコハマ。



プチひとりぶらり旅を終え、いよいよスカンディヤへ。車で通る度に気になって窓に顔を張り付かせていたこの一角。2Fへ続く別入り口の階段から既にヤラれました。幅広い木製の階段の壁一面を埋め尽くす深い飴色に仕上がったレリーフの数々。階段を上り切るとその雰囲気は更に倍増。高い天井、アンティックなシャンデリアとキャンドルスタンド、ワインレッドのカーテンに絨毯。そしてこちらも壁はすべてレリーフ。「中はこうなっていたのか〜!?」と思わず口に出してしまいました。感動。



初対面のS様ご夫妻に一通り自己紹介を終えると、シャルドネのワイングラスを傾けながら穏やかな談笑タイム。こういう時はさすがに僕もゆったりと。いつもの様に両手にジョッキを持ち、交互に喉に流し込む様な事は致しません。穏やかで緩やかなお喋りでありながらも、時に話題は経済・国家の動かし方にまで至り、ピケティ、オルテカ等の名があがり始めます。が、湯布院のトーフのみそ漬け、博多のクエ鍋から[華正樓の肉まんvs551の豚まん論争]に話題が急展開したりもして、ある線を越えた方々との貴重な時間でした。とても素敵で大変有意義。皆様、本当にありがとうございました。

さて、この日我々が頂いたメニューは[スモーガスボード]。おつまみの2種のチーズをいただいてから、前菜7品、主菜5品が大きなボードに乗ってサーブされ、テーブルで皆でシェアするスタイル。大好きなパターン。
つたない記憶で振り返ると以下の通りになります。



デンマークチーズ(セミハードチーズとブルーチーズ)

デンマークキャビア
牡蠣オーブン焼き
鴨のスモーク
鮪のタルタル
サーモン香草漬け
鰊の酢漬けとスモーク



カニなどたっぷりの贅沢サラダ
海老ソテー
ローストビーフ(マデラソース?)
デンマーク風ミートボール(ビーフ)
ポークカツレツ(カレー風味)

アイスクリーム(濃厚バニラ)
コーヒー

美味い!美味しい!!アー!クゥー!最後は言葉にならない声が出続けてしまいました。思いつく限りのご馳走洋食を、「最高のクオリティーで並べてしまいました。」そんな感じのスモーガスボードはもちろん僕の大好物No.1に君臨。食後酒に何か、となった時「シュタインヘイガーはある?」とS様。驚きました。元町の叔父(故)の影響で僕が一番好きなスピリッツです。N画伯はアクアビットを。これを切っ掛けに再びスタジオの冷凍庫がスピリッツに占領される事になるのは必至です。ラストのコーヒーを飲み終えた時は家族の事で頭が一杯に。早く二人を連れて来たくて仕方がありませんでした。名残惜しくもS様ご夫妻とお別れして、弁天通へ寄り道、吉田町に寄り道・・・楽しい年末の夜はまだまだ終わりませんでしたが、その話はまた別の機会に…。


柊さん、画伯、S様、奥様。僕の様な若輩者をお仲間に入れて頂き、本当にありがとうございました!!

当ブログをお読み頂いている皆様。
メリークリスマス!良いお年をお迎え下さいませ。

追記:「今晩のテーマは2015年の日本を緩やかに読むだな。うん。」by 柊正也
 
JUGEMテーマ:日記・一般
グルメ / comments(0) / trackbacks(0) / 野田"s.i.s"浩平
「一休庵おかもと」(とんかつ/広島県)



 

柊正也です。

京都市中京区先斗町にありました人気店「たまゆら」さんの元オ−ナ−シェフ岡本邦照さんから、

久し振りにお電話を頂きました。

実は、先斗町「たまゆら」さんは、アルバム「京恋慕」の中の1曲「玉響」のインスピレーションを頂いたお店です。

入洛の都度お邪魔していましたが、諸事情もあり惜しまれつつも2年前に閉店されました。

私にとりましては、とてもご縁が深く、いつの間にか柊関係者の待ち合わせ場所となり、

沢山の思い出があるお店の一つでした。

その元オ−ナ−シェフの岡本さんから、何と!今年の春に故郷である広島県でとんかつ屋「一休庵おかもと」をオープンされたとの嬉しいご報告を頂きました。

お話によれば、お店で出される豚カツは、京都で培った長年のキャリアと研究に研究を重ねた末に生み出された秘伝ダレにしっとり衣の柔らかくヘルシ−で、全く新しい分野の豚カツとのことでした。

現在は地元を中心に常連のお客様も徐々に増え、他府県からもお客様が寄って下さるとのことで、

どうやら豚カツというお料理分野のイノベ−ションに成功されたご様子でした。

秋にお店を訪ねてみる予定ですが、今から楽しみで仕方ありません。

岡本オ−ナ−様!このたびは新店舗「一休庵おかもと」のオープンおめでとうございます。

懐かしくて嬉しいご報告を頂き有難うございました!
 








「一休庵おかもと」(とんかつ/広島県)

広島県福山市南蔵王町5丁目17−43
電話 084−941−2823

http://loco.yahoo.co.jp/place/g-MnlDKKm-bNo/




 

グルメ / comments(0) / trackbacks(0) / eurisko project (management)
中田社長
柊正也です。

 

日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した小説家の川端康成先生。

その代表作のひとつ「古都」。

 

その映画の舞台となった京都北山の中源株式会社代表取締役:中田治社長が、6月9日(日)18時〜19時 BS日本TV 「森人」に出演されます!是非ともご覧になって下さい。


中源通信→http://nakagen.blog114.fc2.com/blog-entry-1553.html


JUGEMテーマ:京都
京都 / comments(0) / trackbacks(0) / eurisko project (management)
古都に燃ゆをベリーダンスで

柊正也です。

 

友人のベリーダンサー Jewelこと大野陽子さんが、

楽曲「古都に燃ゆ」に素敵な振りを付けて下さいました。


 

「日本の歌ハフラ」のステ−ジで「古都に燃ゆ」のダンスを初めて拝見しましたが、楽曲を引き立たせる衣装や伸びやかで優雅な振り付けに感動してしまいました。

 

考えてみればよく楽曲を聞き込み覚えていく中で、その曲の持つ力を受け止めて理解しないことには振り付けのイメ−ジは浮かんではこないことが分かります。Jewelさんから振り付けを考えることで大切なのは、発想と完成度のバランスと伺いましたが、今回の「古都に燃ゆ」のダンスは、Show全体を上手く構成し、またテ−マが見事に表現された素晴らしいステ−ジだったと感じています。

 

Jewelさん、「古都に燃ゆ」に素敵な振り付けを考えて下さいまして有難うございます!

これからもよろしくお願いします。



楽曲 / comments(0) / trackbacks(0) / eurisko project (management)
Jim's birthday party(RISTORANTE HiRo CENTRO)
野田"s.i.s"浩平です。

先日、ユリスコプロジェクトには絶対に欠かせない存在のデザイナー、神馬 聡さんのお誕生日を[リストランテ・ヒロ・チェントロ 丸ビル店]にてお祝いして参りました。


いつもジャケットや歌詞カード、盤面等で素敵に柊ワールドを表現しているのがこの神馬さん。また一つお年を重ねたわけですが、これからも元気に楽しく朝まで一緒に遊んで頂きたいと心から願っております。

楽しい男子会は恒例のスパークリングワインでシュワシュワとスタート。
男三人、ライトアップされた東京駅や遠くに霞む葛西の観覧車をウキウキ眺めながら店内で一番の声量でお喋りに興じていると、やがてコース料理がサーブされ始めました。


Antipasti(冷前菜)
・熊本県産トマトと酪恵舎フレッシュモッツァレラチーズのカプレーゼ
・切りたてのイタリア産生ハムとサラミ盛り合わせ
・本日の鮮魚(平目)のカルパッチョ、春野菜のカンパーニョーラソース

Secondi Antipasti(温前菜)
・フォアグラのローストと五穀米のドライカレー
・桜鱒の瞬間コンフィと春野菜 アンチョビとバターのソース
・蛍烏賊とふきのとうのフリット、柑橘の香り

Primi Piatti(パスタ)
・空豆のニョッキと北海道産どろ豚のラグーソース
・桜海老と新玉葱のスパゲッティーニ"アマトリチャーナ"
・蛍烏賊とホワイトアスパラガスのスパゲッティーニ"カルボナーラ"

Secondi Piatti(メインディッシュ)
・本日の鮮魚料理を本日の仕立てで(鱸のムニエル)
・シャラン産鴨胸肉と新玉葱のロースト 赤ボルドー酒のソース (×2皿)

柊さんチョイスの高級赤&白ワインと共に仲良くシェアしながら頂くお料理はどれも絶品で、デザート後のアップルグラッパのグラスが空くまでひと時も笑顔が絶えない楽しい楽しいお誕生会でした。

勿論、今後のユリスコ活動についても触れ、多数面白い企画が上がりました。
決定次第順次お知らせして参りますのでご期待して頂けたら幸いです。

前々から行ってみたかった[ヒロ]ですが、なぜこのお店をセッティングして頂いたのか柊さんに尋ねてみると、「この人(神馬さん)が『フォークとナイフのおみちぇ(お店)に行きたいっ!』って言うからねぇ。」との事でした。

東京タワーと同い年の神馬さん。
いつまでもお茶目なダンディーさんでいて下さい!

(本当にどれも最高なお味でしたが、一番心に残ったお料理は神馬さんチョイスの[空豆のニョッキと北海道産どろ豚のラグーソース]でした。さすがジンさん。)



JUGEMテーマ:日記・一般
グルメ / comments(0) / trackbacks(0) / eurisko project (management)
鉄板焼レストラン 『Loiseau Bleu ロワゾブリュウ』

柊正也です。

 

いよいよ年末が近付いて参りましたが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。


 


先日、神奈川県相模原市の名士でいらっしゃいます小山哲也社長様にお声掛けを頂きまして鉄板焼レストラン『Loiseau Bleu( ロワゾブリュウ)』のお席に ご招待頂きました。

 

http://locoplace.jp/t000168473/

http://hwsa5.gyao.ne.jp/teppanchuubou-t/

 

 

待ち合わせ予定の時間になり、お店の扉を開けて店内に入りますと、早速目の前に鉄板があるカウンタ−席にご案内頂きました。お席では満面の笑みで小山社長のお出迎えを頂き直ぐにオ−ナ−の小田美佐代様からもご丁寧なご挨拶を受けました。店名が気になったのでお尋ねすると、ロワゾブリュウとはフランス語で幸せを運ぶといわれている「青い鳥」の意味であることを伺いました。「ご家族やお友達と、笑顔で過ごすひとときには、幸せを運ぶと言われている 青い鳥のさえずりも聞こえてくるかも…」そんなレストランでありたいと思われて付けられたそうです。

 

しばし歓談の後、小山社長お奨めのとても美味しい赤ワインの乾杯で本日の晩餐が始まりとなりました。手際の良いシェフの手さばきを、カウンタ−席で拝見しながら頂くという贅沢な時間をゆっくりと楽しませて頂きました。特に、特選黒毛和牛のお肉はフィレをチョイスしましたが、フランス産のお塩やわさびと胡麻だれで頂くステ−キに大満足でした。

ご出身が相模原というシェフはうかい亭にいらしたそうで、出際の良さに納得です。小山社長のお話は、いつものとおりとても面白く、予想以上に愉快な展開となってしまいまして、

仲の良いお嬢様お二人に囲まれたお写真も拝見したりで、私にとりまして普段の喧騒の世界から離れ、リラックスした時間をゆったりと過ごすことができました。

お料理もいよいよデザ−トとなり、ここで小山社長と小田代表よりサプライズを頂いてしまいました。


 


何と今回の新譜「遊悠/古都に燃ゆ」のタイトルや私達の名前が見事にデコレ−トされたデザ−トが登場したのです。何だか食べてしまうのがもったいなかったのですが、小山社長と小田代表のお心遣いと発売記念のお祝いの気持ちに感謝しながら、幸せな気持ちでゆっくりと頂きました。

 

最初のご挨拶で小田代表から伺ったとおり、笑顔で過ごすお店で確かに幸せを称える青い鳥のさえずりが聞こえてきたことを強く感じました。

 

小山社長、小田代表、素敵な晩餐を本当に有難うございました。




 JUGEMテーマ:日記・一般

グルメ / comments(0) / trackbacks(0) / eurisko project (management)
MTG @京都岡崎 美先 新宿店
野田"s.i.s"浩平です。

皆様、新譜[遊悠/古都に燃ゆ]はもうお手にして頂けましたでしょうか。
感想等をお聞かせ頂けると幸いです。



さて、先日 柊さんと次回作の打ち合せを兼ね、[京都岡崎 美先 新宿店]でランチを楽しんで参りました。特にお店を決めずに新宿タカシマヤタイムズスクエア本館14階で待ち合わせ、お店を物色しながら少しフロアーを歩いていると、「おぉ!いもぼうかぁ。」と柊さん。美先のランチメニュー[棒ダラ柔か煮と京野菜の西京味噌仕立て]が柊さんの目に留まりました。



僕にとって初の[いもぼう]体験でしたが、本当に美味しくて驚きでした。おばんざいも白米もとても美味しくて箸がとまらず、あっという間に平らげてしまいました。何かもう少し頂こうということになり、[ずわい蟹甲羅詰め あられ揚げ]を追加。これがまた上品でほっこりしたお味。おからの甘さが優しく暖かくて、感動。白米をおかわりしてしまいました。
柊さんから[いもぼう]というお料理の由来や、他店ですが祇園円山公園内の老舗のお話を伺っていると昨年の上洛の思い出が蘇り、京都が恋しくなってしまいました。

ランチミーティング終了後は柊さんの弟さんとカフェで合流。 お二人のお見立てで写真のコーディネイト一式を息子にプレゼントして頂き、更に 京のものを沢山お土産に持たせて頂きました。



この日の打ち合せの本題も勿論京都関係。少々行き詰まる事も予想されますが...来春にはまた新たな楽曲をお披露目出来そうですのでどうぞご期待下さい!!

柊さん、ごちそうさまでした。いつもありがとうございます!!

JUGEMテーマ:京都グルメ




グルメ / comments(0) / trackbacks(0) / eurisko project (management)
新譜[遊悠/古都に燃ゆ]
評価:
柊正也/eurisko project
eurisis records
¥ 1,000

[柊正也/eurisko project]の新譜がリリースされました!

通販、配信、共に宜しくお願い致します。
(iTunesの取り扱いは若干遅れます。)


柊正也/eurisko project待望の新譜。 憧憬の舞台は「京都」。
「四神相応」俯瞰の地は、古えを語り継ぐ自然の理。
旅人は、京都市西郊の景勝地嵯峨野、北郊の船岡山を訪ねた。
そして遥かなる時空を超え、様々な人間模様と恋の縁を、
言の葉優しく趣くままに綴り描き出す。



楽曲 / comments(0) / trackbacks(0) / eurisko project (management)
ご無沙汰しております。
 野田"s.i.s"浩平です。


デザイナー神馬さんを交え、新丸の内ビル7F [自由が丘グリル]に於いて開かれたニューシングルについての最終会議と次回作のアイデア交換会は、1つのクレームブリュレを三人でつつきながら滑らかに終了しました。
スプマンテとイタリアワインと美味しい洋食を頂きながらのMTG。至福の時でした。

では今からマスタリングスタジオに行って参ります。

乞うご期待!!

グルメ / comments(0) / trackbacks(0) / eurisko project (management)
月宵
 御無沙汰しております


箏のkouです


この度
私、kouとサウンドプロデューサーtetsuとの
ユニット『月宵』を始動致しました!


kouは箏とボーカルを担当しております


新曲を
ぞくぞく
upしております


ぜひぜひ
月宵サウンドを
お楽しみくださいませ♪




kou
お知らせ / comments(0) / trackbacks(0) / 柿木原 こう
: 1/6 : >>
京恋慕 言葉にできない