スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク
「京都迎賓館」記念シンポジウム 東京開催

お知らせです。


平素より大変お世話になっております[京すずめ]土居理事長様より

シンポジウム開催のご案内を頂きました。(以下転載)


ご興味がお有りの皆様、ふるってご参加下さい。

 

 

 

───────────────────────────

★「京都迎賓館」記念シンポジウム 東京開催 参加者募集!★

───────────────────────────

2005年4月に京都御苑内に開館した「京都迎賓館」

その庭屋に活かされた京都ならではの伝統技能やおもてなしの文化は、

以来、訪れる各国の国公賓から高い評価と賛辞をいただいてきました。

今秋の京都迎賓館一般参観(9/14-23)を前に、改めてその価値を内外に広く発信するため

迎賓館建築や国公賓のおもてなしに携わった方々を迎え、

東京において記念シンポジウムを開催します!



○テーマ: 「京都迎賓館」に輝く現代和風 … 京都、おもてなしの技と心


○日時: 7月3日(日) 13:00〜15:45


○会場:  六本木アカデミーヒルズ  タワーホール (六本木ヒルズ森タワー49

F)


○定員: 500名  ※一般公募(事前申込)にて 参加無料


○内容:


・プロローグ  芸舞妓による舞踊披露(祇園東歌舞会)


・基調講演  「京都迎賓館にみる現代和風の極み」講師:中村 昌生(京都工芸繊維大学名誉教授)


・パネルディスカッション 「京都迎賓館にみる おもてなしの技と心」


パネリスト:佐野藤右衛門(桜守 「植藤造園」会長) 盒 拓児(料亭「木乃婦」若主人)


盒 信也(森ビル取締役兼森美術館ゼネラルマネージャー)


コーディネーター:中村 昌生 (京都工芸繊維大学 名誉教授)



○主催・申込・問合せ:

(財)京都文化交流コンベンションビューロー(雨宮・高見・住山)  TEL:

075-212-4540


○先着順申込:

〒住所・氏名・年齢 を明記の上、ハガキ・FAXにて

〒604-0862 京都市中京区・京商ビル5F  FAX:075-212-4121


JUGEMテーマ:京都

京都 / comments(0) / trackbacks(0) / eurisko project (management)
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク
当ブログは、スパム対策として画像認証と承認機能を利用しております。頂いたコメントは元記事投稿者が承認を行うまでブログに表示されません。また、英数字のみでの送信は出来ません。








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://eurisko.jugem.jp/trackback/37
<< NEW : TOP : OLD>>
京恋慕 言葉にできない