スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク
スカンディヤのスモーガスボード
野田"s.i.s"浩平です。
久しぶりの投稿です...。

先日、忘年会と意見交換&近況報告を兼ねて、横浜港、大桟橋ふ頭入り口近くの北欧料理レストラン・スカンディヤにお邪魔して参りました。メンバーは柊さん、N画伯、画伯がご懇意にされていて横浜にお住まいのS様ご夫妻。いつもにも増して上流の方々とのお食事会に遅刻してしまう訳にはいかないので、一時間早めに自宅を出ました。→ 何事もなく約束の一時間前に到着。暫く道端でメール処理や、スケジューリング等をすませているといつの間にかマジックアワーに。ハマスタの照明塔がなんとも良い感じでした。



これは何処かお店で時間をつぶすよりも散歩した方が断然贅沢だな、とiPhoneをカシャカシャ言わせながら付近をプラプラしていました。幼少の頃から縁の深かった大好きな横浜(特に元町ですが)。弥が上にも気分が高まります。やっぱりいいな、ヨコハマ。



プチひとりぶらり旅を終え、いよいよスカンディヤへ。車で通る度に気になって窓に顔を張り付かせていたこの一角。2Fへ続く別入り口の階段から既にヤラれました。幅広い木製の階段の壁一面を埋め尽くす深い飴色に仕上がったレリーフの数々。階段を上り切るとその雰囲気は更に倍増。高い天井、アンティックなシャンデリアとキャンドルスタンド、ワインレッドのカーテンに絨毯。そしてこちらも壁はすべてレリーフ。「中はこうなっていたのか〜!?」と思わず口に出してしまいました。感動。



初対面のS様ご夫妻に一通り自己紹介を終えると、シャルドネのワイングラスを傾けながら穏やかな談笑タイム。こういう時はさすがに僕もゆったりと。いつもの様に両手にジョッキを持ち、交互に喉に流し込む様な事は致しません。穏やかで緩やかなお喋りでありながらも、時に話題は経済・国家の動かし方にまで至り、ピケティ、オルテカ等の名があがり始めます。が、湯布院のトーフのみそ漬け、博多のクエ鍋から[華正樓の肉まんvs551の豚まん論争]に話題が急展開したりもして、ある線を越えた方々との貴重な時間でした。とても素敵で大変有意義。皆様、本当にありがとうございました。

さて、この日我々が頂いたメニューは[スモーガスボード]。おつまみの2種のチーズをいただいてから、前菜7品、主菜5品が大きなボードに乗ってサーブされ、テーブルで皆でシェアするスタイル。大好きなパターン。
つたない記憶で振り返ると以下の通りになります。



デンマークチーズ(セミハードチーズとブルーチーズ)

デンマークキャビア
牡蠣オーブン焼き
鴨のスモーク
鮪のタルタル
サーモン香草漬け
鰊の酢漬けとスモーク



カニなどたっぷりの贅沢サラダ
海老ソテー
ローストビーフ(マデラソース?)
デンマーク風ミートボール(ビーフ)
ポークカツレツ(カレー風味)

アイスクリーム(濃厚バニラ)
コーヒー

美味い!美味しい!!アー!クゥー!最後は言葉にならない声が出続けてしまいました。思いつく限りのご馳走洋食を、「最高のクオリティーで並べてしまいました。」そんな感じのスモーガスボードはもちろん僕の大好物No.1に君臨。食後酒に何か、となった時「シュタインヘイガーはある?」とS様。驚きました。元町の叔父(故)の影響で僕が一番好きなスピリッツです。N画伯はアクアビットを。これを切っ掛けに再びスタジオの冷凍庫がスピリッツに占領される事になるのは必至です。ラストのコーヒーを飲み終えた時は家族の事で頭が一杯に。早く二人を連れて来たくて仕方がありませんでした。名残惜しくもS様ご夫妻とお別れして、弁天通へ寄り道、吉田町に寄り道・・・楽しい年末の夜はまだまだ終わりませんでしたが、その話はまた別の機会に…。


柊さん、画伯、S様、奥様。僕の様な若輩者をお仲間に入れて頂き、本当にありがとうございました!!

当ブログをお読み頂いている皆様。
メリークリスマス!良いお年をお迎え下さいませ。

追記:「今晩のテーマは2015年の日本を緩やかに読むだな。うん。」by 柊正也
 
JUGEMテーマ:日記・一般
グルメ / comments(0) / trackbacks(0) / 野田"s.i.s"浩平
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク
当ブログは、スパム対策として画像認証と承認機能を利用しております。頂いたコメントは元記事投稿者が承認を行うまでブログに表示されません。また、英数字のみでの送信は出来ません。








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://eurisko.jugem.jp/trackback/67
<< NEW : TOP : OLD>>
京恋慕 言葉にできない